ガラス交換で紫外線は防げます

ガラスの選び方次第で肌を守ることができます

理想的な室内環境はガラス交換で実現

ガラスは、日々進歩しています。現在では部屋の紫外線を大幅にカットできるガラスも販売されている他、室内の環境を改善できるものもたくさんあり、業者にガラス交換を依頼すれば自宅に簡単に導入できます。ここでは、そんなガラスの一部を紹介しましょう。

高性能のガラスとは

大きく分けると2種類ある(30代/ガラス屋)

ガラスは、大きく分けると2つの種類があります。まず、一般的に使われているような「一般ガラス」と、様々な機能を有している「機能ガラス」です。一般ガラスは、一般家屋で使われている透明ガラス、網入り板ガラス、スリ板ガラスなどが当てはまり、機能ガラスは強化ガラスや防音ガラスなどが当てはまります。もちろん機能ガラスのほうが高性能ではありますが、その分コストは高くなっています。ただ、コストに見合った性能を十分有しているので、ガラス交換時に機能ガラスを選ぶ方は少なくありません。

普通のガラスの種類

フロート板ガラス
一般的な板ガラスのことです。窓や鏡に用いられているガラスであり、高い汎用性と耐久力が特徴です。
網入りガラス
フロート板ガラス内部に網を入れたガラスです。網を入れることにより破片が飛び散らないようになっている他、炎に強く、延焼を防ぐ効果も持ちあわせています。
型板ガラス
曇りガラスなどが当てはまる種類のガラスです。主にトイレや浴槽のドアに使われるガラスであり、視線は遮りつつも光は遮らないのが特徴です。

高性能のガラスの種類

複層ガラス
スペーサーという器具を使い、2~3枚のガラスの間にスペースを持たせたガラスです。断熱性が高く、また遮音性にも優れています。
高断熱複層ガラス
複層ガラスの断熱性をより高めたものであり、室内側のガラスを特殊なものにすることで、暖房の熱を逃しにくくします。
強化ガラス
フロート板ガラスを高熱処理で熱した後、急速に冷やすことで耐久性を大幅に向上させたガラスです。また、割れたときの破片が粒状なのも特徴です。
合わせガラス
二枚のフロート板ガラスを用いたガラス。2つのガラスの隙間にフィルムを挟むことで防音性が高くなり、破片が飛び散りにくくなっています。

このように、ガラスには様々な種類があります。ガラス交換の際、どれを選んでもその種類ならではの魅力を得ることができます。それぞれの特徴を把握した上でガラス交換を行ない、理想の室内を築きあげましょう。

紫外線が気になる女性必見!ガラス交換で美白が可能

ガラスの断面

紫外線が気になる人のためのガラスもあります。それが、上記した合わせガラスです。合わせガラスは内部のフィルタによって防音性や耐久性、ガラス破損時の飛び散りを防いでくれる他、紫外線をカットする効果もあります。そのため、近年ではガラス交換で合わせガラスに変える人も多くなり、美容に気を使う人によって合わせガラスの需要は大幅に上昇しています。なお、フィルタは90%以上の紫外線をカットするものもあります。このタイプのガラスを取り入れれば、肌だけでなく家具や本などの色あせにも影響を与える紫外線を大幅に防ぐことができます。ガラス交換をするだけで、肌や家に良い影響と環境を築きあげることができるのです。

TOPボタン